マンションのベランダでガーデニング!

土の種類と選び方

 

土の種類と選び方

ガーデニング

 

 こちらのページでは、お花や植物に大切な、
土の種類と選び方についてわかりやすく解説しております(^^)

 

 


 

 

 花や植物に使われている土には、
実はいろいろな種類があり、それぞれ特性が違います。
下記によく使われている土の種類をまとめてみました!

 

赤玉土(あかだまつち)

 

最もベースになる土です。

 

関東ローム層からとれる赤土を小さな粒状にしたもので、水はけ・水もちがよい。

鹿沼土(かぬまつち)

 

栃木県鹿沼市からとれる土です。

 

軽石が風化してできた土で、水はけ・水もちがよい。

腐葉土

 

広葉樹の落ち葉を発酵させ熟成させたものです。

 

肥料成分はそれほど多くはありませんが、土をやわらかくし、水はけ・水もちをよくします。

 

赤玉土と腐葉土はよくブレンドされる基本の土です。

堆肥(たいひ)

 

植物や木、野菜などを発酵させ熟成させたものです。

 

有機肥料成分を含みますが、ゆっくりと効果がでてきます。

 

土に混ぜると水はけ・水もちがよくなります。

バーミキュライト

 

ひる石という意志を焼いて細かくし、薄い粒上にしたものです。

 

とても軽く断熱性があり、土に混ぜ込むと水はけ・水もち・肥料もちをよくします。

 

挿し木や種まき用の土に多く配合されています。

パーライト

 

真珠岩を焼いて膨張させた無菌用土です。

 

水はけ・通気性をよくし、空洞が多いので土の比重を軽くすることができます。

 

指で簡単につぶせるほど軽いです。

 

 

苦土石灰(くどせっかい)

 

苦土(マグネシウム)と石灰(カルシウム)を含んでおり、酸性を中和する特性があります。

 

土は一度植物を育てて栄養分がなくなってくると、酸性になってくるのですが、苦土石灰を混ぜ込むと酸性を中和し、土壌を改良してくれます。

鉢底石(軽石)

 

鉢やプランターの底に敷くことで、水はけをよくし根腐れを防ぎます。

 

 他にもいろいろな土の種類がありますが、
上記の一覧の土の種類だけ覚えておけば、まず困ることはありません。

 

花と野菜の土やハーブの土という名前で売っている培養土には、
赤玉土:腐葉土:バーミキュライト=4:4:2といった風にブレンドされています。

 

育てる植物の種類によってブレンドする土の比率を変え、
水はけをよくしたり、肥料もちをよくしたりしているのです。

 


 

 以上が土の種類と選び方のご紹介です。

 

マンションでガーデニングをする場合、いろいろな種類の土を置くスペースがなかなかとれませんので、あらかじめブレンドされている培養土を使うのが便利でいいでしょう!

 

ページの一番上へ>          次のページ→肥料の種類と選び方

サイトのTOPページへ

ガーデニングについてガーデニングの基礎知識ガーデニングの作業ガーデニングテクニック

 

管理人へのお問い合わせはこちら→