マンションのベランダでガーデニング!

切り戻しのやり方

 

切り戻しのやり方

ガーデニング

 

 こちらのページでは、弱く古くなってしまった株を復活させる、
切り戻しのやり方についてわかりやすく解説しております(^^)

 

 


 

 

何もせず成長させたローズマリーの株です。
横から見ると、葉が密集して非常に通気性が悪くなり、一部枯れています。(ダメージ株)
このまま成長させると、どんどん枯れてきて汚い株になってしまいます。

 

ハサミでチョキンチョキン切り戻していきます。
残す枝を考えながら、繊細かつ大胆に切り戻していきます!
右写真が切り戻し後ですが、枝と枝のすき間ができ、通気性が非常によくなっています。

 

切り戻した枝はさし木にして増やすと無駄がありません。

 

こちらはミントの株です。
左写真はいろんな方向に伸び放題であまり美しくありません。
こういった場合、右写真のように横一直線にだいたんに切り戻して、もう一度大きく成長させるという方法もあります。

 

だいたんに切り戻すと、株が全体的にダメージがある場合や、病気になった場合に株をリセットすることができます。

 

ページの一番上へ>          次のページ→さし木・さし穂で増やそう

サイトのTOPページへ

ガーデニングについてガーデニングの基礎知識ガーデニングの作業ガーデニングテクニック

 

管理人へのお問い合わせはこちら→