緑のカーテンの作り方 〜夏のエアコン節電対策〜

ゴーヤの種の保存方法-緑のカーテン

 

ゴーヤの種の保存方法

 こちらのページでは、実が熟してはじけて種が落ちた後の、
ゴーヤの種の保存方法についてご紹介しております(^^)

 

 


 

ゴーヤの実が熟して亀裂が入ってくると、中の実がとれる状態になります。

 

ゴーヤの種は赤い色をしていて、甘いジェル状の液体に守られています。
ちなみにこの赤いジェル状の物質は甘く、おそらく鳥に食べてもらうためでしょう!


種をとったらよく水洗いして、天日で十分に乾燥させます。


乾燥させたら紙袋に入れて、冷暗所(冷蔵庫など)で保管します。
しっかりと保管できていれば、3〜4年は発芽できます。

 

<注意点>

誤って水分のあるところに保存してしまうと、発芽してしまい種がだめになってしまいますので、乾燥したところに保存し、水分を吸収しないように、紙袋などに入れて保管しましょう!

 

また日当たりのよいところでも発芽してしまうことがあるため、きちんと日陰に置くようにしましょう!

 

ページの一番上へ>          次のページ→ツルや葉のお片づけ

サイトのTOPページへ